静岡社長TV

サルデチエラとは?

サルデチエラとは?
塩は古代から人間にとって生理的にもまた食料を保存する上からも極めて大切なものでした。そのため労働の報酬に値するほど珍重され、サラリーの語源で英語のsaltと同じと言われています。塩という字には土が使われ、土も塩も同じように大切であることを示しています(松尾嘉郎著:人の命を支える土、農文協より)。
粘土鉱物は、人に有用な塩(ミネラル)を保持しています。松尾氏は粘土鉱物から取り出した塩に対しサルデチエラ(Saldi tierra)と名づけました。
取り出した塩は天然のミネラル複合体で、多量から超微量まで25種類を越すミネラルを含有しています。そして極めて優れた生理的機能を示します。

※特許取得いたしました。

  • 肝臓病の予防・治療用組成物(取得日:平成25年2月8日 特許第5194022号)
    詳細はこちら »
  • 糖尿病性疾患の予防・治療用ミネラル組成物(取得日:平成25年7月26日 特許第5323488号)
    詳細はこちら »

ゼオライトについて
天然ゼオライト鉱石
アルミノケイ酸塩のなかで結晶構造中に比較的大きな空隙を持つものの総称でもあり、分子ふるい、イオン交換材料、触媒、吸着材料として利用される。現在ではさまざまな性質を持つ沸石が人工的に合成されており、工業的にも重要な物質となっている。 最近では、福島第一原子力発電所事故の放射能汚染水処理に使用されている。
(Wikipediaより)

ゼオライトとデトックス

blog ゼオライトとデトックス